Archive for 10月, 2015

久しぶりの珈琲庵

今日は久しぶりに行きつけの喫茶店の珈琲庵に行きました。
珈琲庵はお盆休みで1週間ぐらい閉まっていたし、なかなか行く機会がなかったので、2週間以上ぶりぐらいでしょうか。
だいたい毎週1回ぐらいの割で通っている常連なので、これはちょっと久しぶりという感じです。

ここの店長さんは私の高校の先輩ですが、今日もお元気そうなので安心しました。
ここのお店は1970年代当初から内装を替えていないということで、昭和レトロな昔の喫茶店の雰囲気を残しています。
いまどきだと、珍しいお店かもしれません。

このお店のことは高校の卒業生の間では有名なので、時々バッタリと同じ高校の卒業生に出会うことがあります。
先輩や後輩、同期生に出会うこともあり、そういうコミュニケーションもできるので、なつかしい場所という感じがします。
同じ高校の卒業生が来ているときは、マスターが教えてくれるので、挨拶に行ったりします。

高校の卒業生で作っているSNSのメンバーなもので、同じSNSのメンバーに出会う時もあり、なかなか楽しいです。
とても落ち着ける雰囲気で、静かなところがとてもいいし、何より珈琲の味にこだわっているお店なので、珈琲がおいしいのが嬉しいです。

娘がたくさんおしゃべりするようになりました

最近、1歳半を過ぎた娘がたくさんおしゃべりをするようになってきて、育児がぐんと楽しくなってきました。おしゃべりと言っても、まだまだ単語を少し話す程度だけれど、私が言ったことに対して、元気よく「うん!」と言いながら頷いたり、図鑑のページを指さしながら「これ、これ」と言って動物の名前を知りたがったり、私がいつも言っている口癖、「よいしょ」を真似して「んしょ!」と言っていたりと、一生懸命話をしようとしている姿がとてもかわいらしいのです。
今までは何となく声を出している感じで、会話をしているという印象は全くなかったので、何かの問いかけに頷く、ということだけでもものすごい成長なのです、私と娘にとっては。

このようにたくさんの成長を見せてくれるので、自我が芽生えてきているのか、イヤイヤすることもたくさんあります。昔より嫌な時の泣き方が激しくなったし、自分の気持ちと反対のことをされたりすると、泣き叫んだり座り込んだりするので、大変な面ももちろんあります。
例えば、ご飯を食べさせていても自分で食べたいのに私が無理やり食べさせようとするとお皿をひっくり返したり、フォークを落としてみたり。

まだまだ公園で遊びたいのにおもちゃを取り上げて帰るよ!というと期限がものすごく悪くなったりします。これらも成長を感じられる場面なので、客観的に見ると素敵なことだなと思いますが、当事者の私はイライラしたり焦ったりと大変です。
でも、赤ちゃんの頃にはない娘のいろんな一面を垣間見れて、毎日楽しい気持ちにさせてくれるので、育児は自分も一緒に成長できるのだなと思ったりもします。