Nアセチルグルコサミンはグルコサミンと違いはあるの?

健康成分として高齢者には必要不可欠なのがひざ痛や体の節々の痛みに
良いとされているコンドロイチンやグルコサミン。
私の両親もそうですが65歳位を過ぎてから急に体が思うように
動かなくなったと言います。これは加齢を重ねれば誰もが通るのでしょうが
さすがに若い頃からスポーツらしい運動も全くしてこなかったみたいなので
今となって特に膝に負担がきているみたいです。

母親などは年に一度くらいは膝に水が溜まってしまうとかで病院へ通院
しています。超距離を歩いたり急に負担が膝に行くと症状がでてしまう
みたいです。

グルコサミンについては以前から飲んでいるのですが全く効き目を感じない
みたいです…飲み始めはなんだか膝が軽くなった気がすると行っていたので
すっかり体にグルコサミンのサプリが慣れてしまったのでしょうかね。
で、検索で分かったのがグルコサミンよりも体内への吸収率が高いNアセチルグルコサミン。グルコサミン自体は体の中でも作られるみたいですがNアセチルグルコサミンに関しては外から取り入れる他ないようです。

そこで今、他にヒアルロン酸や健康成分も一緒になった製品が人気があるようです。
N-アセチルグルコサミン 効果は非常に高いらしく、1ヶ月も飲み続ければ
個人差はありますが、体の要素が変わったのを感じるようですね。
まずは、母親に薦めてみようと考えてます。